「ファイナル・カウントダウン」が面白い

つい最近になって存在に気付いたカード

どんくらい面白いかっつうと思わずブログに書きたくなるくらい
よく見たらゲームオリジナルだった

罠・永続
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分は魔法・罠カードを発動できない。相手のエンドフェイズ時に1度、自分のデッキから魔法または罠カード1枚を選択し、お互いに確認して自分の魔法&罠カードゾーンにセットすることが出来る。自分のメインフェイズ時に自分フィールド上に存在するこのカードと、このカードの効果でセットした魔法・罠カードを全て墓地へ送る事で、墓地へ送った数によって以下の数値分のダメージを相手ライフに与える。
●2枚:500ポイント
●3枚:1500ポイント
●4枚:3000ポイント
●5枚:6000ポイント

最大6000の効果ダメージはなんか変な笑いがこぼれるけど当然ダメージ効果なんて狙わないよね
何と言っても任意の魔法・罠をサーチ出来るのが素敵
とは言え普通に使ってると「サーチ効果発動は相手のエンドフェイズ」、「自分は魔法・罠が使えない」というデメリットがあるわけなんだけどそんなのは使い様です
すたんちゃんとこだとスクラップ・ドラゴンと非常に相性が良かったのでスクラップデッキで活躍中

スクラップ・ドラゴンの破壊効果はとても強力だけど自フィールドにもコストとして何かしらカードが必要なので、それの補充が出来るのが良い
セットされたカードは発動出来ないけど、セット状態で破壊されると発動するタイプのカードならその制限を受けないのでそういったカードを主に引っ張ってきたりする(デッキに入ってるのだと荒野の大竜巻とか呪われた棺とか)
後は、今すぐ使いたい魔法・罠を引っ張ってきておいてファイナル・カウントダウンを破壊してしまえば制限がなくなるからサーチしてきたカードが使えるしね
通常この手のカードは自身がフィールドを離れるとと引っ張ってきたカードも道連れにされるもんなんだけど、ファイナル・カウントダウンにはそういった性質がないことを利用している
こういう使い方なら相手エンドフェイズにサーチするのはむしろ利点かも

ついでにスクラップデッキ晒そう

[メイン]

パワー・ジャイアント 2
スクラップ・ゴーレム 2
ギガンテス 3
スクラップ・キマイラ 3
スクラップ・ビースト 3
スクラップ・ハンター 2
スクラップ・ゴブリン 3
巨大ネズミ 1
メタモルポット 1
暗黒界の取引 2
おろかな埋葬 1
死者蘇生 1
スクラップ・エリア 1
スクラップ・スコール 3
盗人の煙玉 2
光の護封剣 1
鎖付き爆弾 2
荒野の大竜巻 2
御前試合 1
聖なるバリア -ミラーフォース- 1
呪われた棺 2
ファイナル・カウントダウン 1

[エクストラ]

スクラップ・ツイン・ドラゴン 3
スクラップ・ドラゴン 3
ブラック・ローズ・ドラゴン 2
ナチュル・ランドオルス 2
ナチュル・パルキオン 2
ナチュル・ビースト 2
ナチュル・エクストリオ 1

ナチュル・エクストリオは是非喚んでみたいが融合入れてないっつう