UWSCで配列リテラルっぽいなにか

UWSCって配列リテラルないじゃないですか
なので配列リテラルっぽい気持ちになれる関数を作る

function Array(arg0 = NoValue, arg1 = NoValue, arg2 = NoValue, arg3 = NoValue, arg4 = NoValue, arg5 = NoValue, arg6 = NoValue, arg7 = NoValue, arg8 = NoValue, arg9 = NoValue, arg10 = NoValue, arg11 = NoValue, arg12 = NoValue, arg13 = NoValue, arg14 = NoValue, arg15 = NoValue, arg16 = NoValue, arg17 = NoValue, arg18 = NoValue, arg19 = NoValue, arg20 = NoValue, arg21 = NoValue, arg22 = NoValue, arg23 = NoValue, arg24 = NoValue, arg25 = NoValue, arg26 = NoValue, arg27 = NoValue, arg28 = NoValue, arg29 = NoValue, arg30 = NoValue, arg31 = NoValue)
    const NoValue = null + null + null
    tmp = safearray(0, 31)
    i = 0
    while TRUE
        value = eval("arg" + i)
        if value = NoValue then
            break
        else
            tmp[i] = value
            i = i + 1
        endif
    wend
    result = slice(tmp, 0, i - 1)
fend

function @(arg0 = NoValue, arg1 = NoValue, arg2 = NoValue, arg3 = NoValue, arg4 = NoValue, arg5 = NoValue, arg6 = NoValue, arg7 = NoValue, arg8 = NoValue, arg9 = NoValue, arg10 = NoValue, arg11 = NoValue, arg12 = NoValue, arg13 = NoValue, arg14 = NoValue, arg15 = NoValue, arg16 = NoValue, arg17 = NoValue, arg18 = NoValue, arg19 = NoValue, arg20 = NoValue, arg21 = NoValue, arg22 = NoValue, arg23 = NoValue, arg24 = NoValue, arg25 = NoValue, arg26 = NoValue, arg27 = NoValue, arg28 = NoValue, arg29 = NoValue, arg30 = NoValue, arg31 = NoValue)
    result = Array(arg0, arg1, arg2, arg3, arg4, arg5, arg6, arg7, arg8, arg9, arg10, arg11, arg12, arg13, arg14, arg15, arg16, arg17, arg18, arg19, arg20, arg21, arg22, arg23, arg24, arg25, arg26, arg27, arg28, arg29, arg30, arg31)
fend

はい

for item in Array("foo", "bar", "baz")
    print item
next

for item in @(1,3,5,7,9)
    print item
next

こんな感じで使えます
Array() 関数に適当に引数渡せばSafeArrayの要素として返ってくるってすんぽーよ
Array() だと書くのめんどくさいから@() という別名も用意、PowerShell使いだからすごく配列に見える

最大32個の要素を持つ配列が作れます
32なのは slctbox に倣ってるからです、とりあえず使う分には十分でしょう
(可変長引数があればね…こんなことしなくてもいいんだけど…)

const NoValue はそれぞれの引数の初期値として定義しています
おそらく絶対に渡されないであろう値ならなんでも良いんですがとりあえず null を3つ足しました
えるしってるか null は足せる(というか文字列結合してる、lengthは3になるぞ)
関数内で宣言してても const のスコープはグローバルです
なぜそんなことしてるのかと言うと、引数の初期値に変数を渡す場合はその変数がグローバルスコープじゃないとだめだからなんですね
関数内に書いてるのは外に書くと邪魔かなって気がしたからですが特に深い意味はないです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中