せっかくだからおれはこのInvoke-RestMethodをつかうぜ

しゅんさんが面白そうなことされてたので便乗です
便乗!

RESTなAPIなので折角だからInvoke-RestMethodを使いましょう
jsonはConvertTo-JsonConvertFrom-Jsonでどうにかします
いや待てConvertFrom-Jsonは使わなかった

あと、質問と雑談でそれぞれ関数を分けました

Invoke-RestMethodのBodyにUTF8に変換したjsonを渡す方法がさっぱりで困ってたんだけどbyte[]にして渡すだけでよかったっていう
めんどくさかったのはこのくらいかな?
便利ですよねInvoke-RestMethod、ステータスコードとか取れないけどな!

使ってみたところ
ss20150207143538
このやろう…!

さらに、赤ちゃん言葉を指定するとイラッと感が増すのでオススメだ

広告

せっかくだからおれはこのInvoke-RestMethodをつかうぜ」への2件のフィードバック

  1. Invoke-RestMethod,Convert*-Json、、、そんなCmdletがあるのですね。
    長らくPowerShell2.0にいたので不勉強でした。(未だ多くの環境で2.0の住人ですが、、、)
    ありがとうございます!
    あと、変数のスコープについても再確認するきっかけとなりました。
    if文が三項演算子として使えるのも知りませんでした。
    これまた感謝です。

    知識Q&Aのanswersは最大5件返すらしいです。
    西暦1年生まれの化け物とも雑談してくれるのか、、、。

    • えへへ、温室育ちのPowerShell4.0っ子です
      WindowsUpdateでPowerShellも更新させてほしいですねぇ
      Invoke-RestMethodやInvoke-WebRequestはお気軽な反面ちょっとかゆいところに手が届かない感じもあり一長一短な印象です

      > 変数のスコープ
      Module内だけで参照できる変数が欲しくて色々試してたらこうなりました
      明示的にスコープを指定しない場合はfunction内から参照できたりできなかったりで四苦八苦しました…
      (配列は確実に参照できてそうじゃない変数はマチマチ、ポインタかそうじゃないかだったのかしら)

      > if文が三項演算子
      ifが値を返すと知ったのはまさに三項演算子がないかどうか探していた時だったのですが、{}やelseが冗長に感じるのでやはり三項演算子は欲しいところです

      > 知識Q&Aのanswersは最大5件返すらしいです
      昨日JavaScriptで書いててanswersが配列だったと気付きました!
      要素がひとつだと単体のオブジェクトとして扱ってくれちゃうのは良し悪しですね…わかってれば非常に便利なんですが…
      rankが1のものに限定して表示するように修正しました
      あと、$ansって変数全く使ってなくてどのみち動作してなかったことに気付いてハズカシイ…!

      > 西暦1年生まれ
      仕様のpdfにそう書いてあったので素直に実装しましたがよく考えたら変ですねぇ
      JでCな聖人を騙るくらいしか思いつかない

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中