UWSCとWindows10TP

Windows10で期待している機能のうちのひとつは間違いなく仮想デスクトップ(って呼び方でいいのかしらんが)なんですけど
UWSC的には仮想デスクトップはどういう感じなのか?をちょっと調べてみたん

monitor()関数

仮想デスクトップを追加してもまぁ、別のモニタが増えたわけではないのでどうにもなってませんでした

fukidasi()、balloon()関数

吹き出し出しとくじゃろ
デスクトップ切り換えるじゃろ
なんと吹き出しも付いてくる

msgbox()関数

msgboxは実行したデスクトップに表示された…?
fukidasiが特別なの?
よくわかんないや

chromeをバックグラウンド操作したいーっていうよく見るあれ

喜べ、いけそうだぞ

Desktop 2 でChrome起ち上げとくだろ
Chrome操作スクリプト実行するだろ
Desktop 1 で作業してるだろ
何の妨害もなく作業が出来る!

と、思うじゃん

clkitemにCLK_BACK付けといたらそもそもクリック時にChromeがフォアグラウンドに来なかったよ…
そんでCLK_BACK外してみるじゃん?そしたらそしたでChromeがフォアグラウンドに来ないじゃん?

あ、あれ…どういうことなの…

まぁでも目につかないとこで走らせとけるってことで仮想デスクトップありなんじゃないっすかねー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中